読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セツのビタミン

ビタミン摂取してればいいと思ってる

嫌いな人に好かれてもまったくいいことない話

お久しぶりですー。
色々とあってメンタル削られていました。

今回はここ最近で削られた原因、要するに文句を書いていきます。
まあタイトルそのままなんですけども。


嫌いな人というのは高校生のときに出会った同性の人でして、なんというか自分の好きなことは相手も好きに決まってる!当たり前!と考える人です。たぶん。
反面教師ってこういうときに使うんだなーと思ったことがあります。

MIMIYAKO85_sunahamaumeru20140726_TP_V

突然ですが、私は同性だろうが異性だろうが親だろうが親友だろうが関係なく、体に触る・触られるのが嫌いです。 
小学生のときに誰かから肩を組まれて、相手を突きとばした記憶があります。バイオレンス。

そして私の嫌いな人(Cさんとします)は、スキンシップが大好きなんですね。
常に誰かしらと腕を組んだり手をつないだりしています。うさぎさんか。

つまり私とCさんとは相容れません。
出会った瞬間に戦いは始まっているのです。私だけが。


いやもう、誰かと腕を組みたいのなら腕を組むのが好きな人と勝手に組んでてくれればいいじゃありませんか。
なんで私が巻き込まれるんですかね。意味分からん。

一度本気で「やめてくれ」と拒絶(拒否とか甘っちょろいのではなく文字通り真顔での拒絶)したのですが、
「私は触りたい」と理解不能の反撃を受けました。
え、こっちがおかしいの?まじで?と目が点になりましたね。

伝え方が足りなかったのかとその後も数度にわたり拒絶したのですが、やめてくれるどころか逆ギレされる始末でした。
同じクラスになったときは死ぬ思いをしながら過ごしました。もう嫌。



卒業して大学は別になったので、やっと救われたと思いました。
もちろん物理的に離れたこともありますが、大学生になって変わってくれという願望もありました。


環境が変わったとき、仲の良い友人がいつでもすぐそばにいる状況でもない限り、あんまりにもアレだと孤立する可能性が高いですよね。
高校まで傍若無人だった人が、卒業して大学生になったり社会人になったりで性格が変わることも多いと思います。
久しぶりに会うと「誰!?」って言いたくなるくらい丸くなっていることがありました。

まあこれは小学生から中学生になるとか、中学生から高校生になるとかでも変わりますが、高校生から大学生になるときが一番大きいと思っています。
自分自身もだいぶ変わったなあと。


ということで、Cさんへの大学デビュー効果にめちゃめちゃ期待していました。
期待していた時期が私にもありました…。

2年生のときに再会しましたが、まったく変わっていませんでした。
Cさんは「人は変わる」と「人はそうそう変わらない」との論争で圧倒的に後者を支持できる根拠のひとつになってくれましたね。

もはや心配になってきます。
Cさんの友人もベタベタ教なのだろうか、類は友を呼ぶで周りには奇跡的にベタベタ教信者しかいないのだろうか、それともコレをいつも受けとめている心の広いかつ忍耐力がとんでもない方なのだろうか、等々考えてしまいます。
そんなことどうでもいいんですけどね。それより助けて。



ちょっと長くなりそうなので、ひとまずここで切ります。
以上でーす。