読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セツのビタミン

ビタミン摂取してればいいと思ってる

妄想の話〜フライパン編〜

ケトルの妄想に引き続き、フライパン編ですー。

ミルクポットの他に必要な鍋。
真っ先に出てくるのは焼くための道具です。
そうだなーフライパンかなー。

ミルクポットは深さがあるので煮るのが得意ですが、肉を焼いたり卵焼きを作ったりするのにはちょっと不便です。

バターをひいて肉や卵を強火で焼いてやりたい。
底面積のある鍋が欲しくなります。
逆に言えばもうミルクポットとフライパンだけで鍋終了じゃね? という。

今回は私のフライパンジプシーについて書いていきます。

image


事はテフロン加工のフライパンに絶望したことから始まりました。

テフロンって熱伝導効率が悪いらしいんですよ。
更に空焚きすると有害ガスが出る恐れがあるとか。

ちょっと意味が分かりませんよね。
フライパンは熱して使うものですよ奥さん。

知らないと怖い!テフロン加工フライパンの正しい選び方 - 失敗しないフライパン選びのススメ

意外と知らない「焦げ付かない鍋・フライパン(テフロン加工)」の有害性 : まだ東京で消耗してるの?

じゃあ何ならよいのかというと、プロが使うのは鉄のフライパンが圧倒的に多いんだそうです。
美味しさを求めるなら鉄がおすすめってよく見かけます。


ただ、鉄のフライパンは手入れが少々手間になるようです。

そうです、面倒なんです。
テフロンが鉄に勝てるもの、それは軽さと安さ、そして手入れが楽なこと!


ここでちょっと考えてみましょう。

軽さはまあ捨ててもいいや、シリットのミルクポットもそうだし。
安さのほうもまあそこまで気にしない、長い目で見ればお得らしいし。

でも手入れが面倒なのはな……きっついわー。
あれ、でもシリットのミルクポットといえば、フライパンもシリットのでいいんじゃね? ホーローも鉄なんだし。

と、ここまで考えてから意気込んで公式ページを見てみたんですが、空焚きと強火はNGのようです。

WMF 製品ガイド

シラルガンがダメなら普通のホーローもダメだわこりゃ。


ミルクポットは瞬間火力を必要としない場合に使うのでほぼ問題ありません。
が、肉を焼くときは別です。
肉を高温で焼くと余計な油が落ちて美味しいって焼肉屋さんの店員さんもおっしゃってたのに……。

やっぱり手入れが必要だけど扱いは雑でよいらしい、鉄のフライパンがテフロンに代わる最有力候補となりました。


一年でテフロンのフライパンを買い換えるか、早くて数年、長ければ数十年もつ鉄のフライパンを頑張って手入れしながら使うか。
面倒くさがりの私にとって、究極の選択と言っても過言ではありません。

どうせテフロンが剥がれて焦げつくようになってもしばらく我慢して使って、全体がべっとり焦げつくようになって初めて重い腰を上げようとするんだ……
だったら鉄のフライパンを買ったほうが精神衛生上もよいのでは……
でもその手間をかけられるほど私はできた人間ではない……。

あーあ、手入れが楽な鉄のフライパンはないもんかねえ……。




あったわ。
ありましたー。
その名も『極』。きわめ。強そうです。
アマゾンでROOTSを買ってる方は少ないんですね。

通常鉄のフライパンを使い始めるときに必要な空焚きが不要、片づける際にきっちり水分を飛ばす必要もなし。
必要なのは最初の油ならし、そして油返しと料理後の手入れのみだそうです。


それと、ノーマル極と極ROOTSの違いは取っ手だけのようですね。
ってこれ取っ手がモロに木製なんですが? すぐ割れちゃったりしない、これ?
あっ、取っ手だけ販売もしてるんですね。すげえ、問題解消したわ。


しかしここで最大の難関、オイルポットが。
モノを増やしたくなくてテフロンのフライパンやら鍋やらをやめようとしているのに、油ならし・油返しのためにオイルポットが必要になるなんて……。

油ならしは使い始めるときにフライパンの3分の1ほどのかさまで油を入れて熱し、鉄の表面にしっかりと油をなじませてコーティングする作業、
油返しは使うときごとにお玉1杯分の油をフライパンに入れて熱し、鍋肌になじませてから料理を始めるという作業を言います。

……どう考えても面倒くさい。料理のたびに油を遊ばせるのか。
オイルポット選びにもまた時間がかかるんでしょ?
買って数日で錆びさせる未来が見えます。一体私はどうすれば……。


そこで色々とレビューを見て回ったところ、料理の際少し多めに油を入れているだとか、毎回油返ししてるだとか、油返しの代わりにオイルスプレーで全体に油を吹きかけているだとか、
ちゃんと油返しをしている方とサボってるけど大丈夫っぽい、マネしないでねって方が半々くらいでした。
おおぅ……モノグサさんも鉄のフライパン使ってるのね……。

この際最初の油ならしで使う大量の油は捨てて、毎回油多めで調理開始すればなんとかなるんじゃないかと思ってきました。
鉄を完全になめてますね。期待してるよ極さん。
しばらくはちゃんと油返しをして、少し立って慣れてきたらサボり始めるパターンの方が多いようです。私もそれで行こう。


そして極のフライパンには2種類、フライパンと炒め鍋があるんですね。
フライパンはそのままフライパンで、




炒め鍋は底が深く狭くなっている、中華鍋のようなフライパンです。




どちらも28cmのものです。
見た目の違いが分かりますね。

普通のフライパンのほうはだいぶ浅いらしく、慣れないうちはよくこぼしていたと書いてらっしゃる方をちらほらと見かけました。
私は不器用なのでおとなしく炒め鍋を選ぼうと思います……。
オムレツを作ろうとして飛び散らせてしまったら悲しみに暮れます。


最後にサイズ選びですが、一人暮らしには24〜26cmのものがよいようです。
大は小を兼ねるので、26cmので良いんじゃないかと思っています。
底面の広さもある程度確保したいですしね。
あんまり狭いとかえって調理しにくいでしょう。


ということで、フライパンは極ROOTSの炒め鍋が欲しいねというお話でした。

以上でーす。