セツのビタミン

ビタミン摂取してればいいと思ってる

自動車の話

私の住んでいる地域が田舎であるため、自動車と普段の生活とは切っても切り離せない関係にあります。
家は一応住宅街にあるので田舎の中ではわりと都会のほうだと自負しているのですが、それでも車がなければ生活に困まってしまうでしょう。
今回は車について考えていることを書きます。



そもそも自動車を運転するのに免許が必要なのは、事故を起こすと大変なことになるからだと思っています。

自転車で爆走しても死亡事故に繋がることはそう多くありません。見えるので。
でも自動車の運転は出すことのできるスピードが人間の可視できるそれを遥かに上回ってしまいますよね。
高速道路で人が横断なんてしようものなら、轢くのは避けられません。

我々は凶器を持っていることと同じなんだよ、だから裁判になっても車が全面的に悪いんだよと教わりました(確か)。


運転しているとき性格が変わる人っていますよね。
自分も結構攻撃的になります。
車道にはみ出して歩いている女子高生やダラダラと自転車をこぐ高齢者を見ると、轢いたろかああん? と思いますね。

まあ自分自身が自転車に乗っているときは自動車のことなんてほとんど気にしませんけどねー!
所変わればなんとやらです。これでも免許を取る前に比べればマシになりました。


こういうのって、全部
「お前(歩行者)に怪我でもさせたらたとえお前が100%悪かったとしてもこっちが100%悪いことになるんだから変な動きすんなよ」
ってことじゃないですか。

そもそも自動車が悪い悪くない以前に、命を奪ってしまうかもしれない、望んでいなくても可能だと考えると恐ろしいですよね。
実際、対向車線で渋滞している車の間からいきなり子供が出てくるかもしれない……なんて考えると、私はもう心臓バックバクです。



こんなに自動車事故で亡くなっている人がいるのに、自動車はなくなりません。なぜなら便利だから。

以前テレビで大型旅客機の事故で大勢の人が亡くなったことがあったというニュースを見ていたとき、
母は「当たり前よね。飛行機の事故は絶対にあっちゃいけない」と深く頷いていました。

そのときにふと「自動車はいいの?」と聞きましたが、「車は一回の事故で死ぬ人数が少ないけど、飛行機はたくさんの人が死んでしまうでしょう。だからよ」とのことでした。
よく分かりませんでしたが、そうかーそういうもんかーと返しました。母に反論しても意味ありませんよね……。


ニュースでも、車の事故は深刻そうに、でも淡々と述べられますが、
飛行機事故のほうはなんというか、徹底的に叩かれますよね。
事故件数が少ないから目立っちゃうっていうのもあるんでしょうね。

未だに不思議な差だなーと思いますが、
人間とは地に足が着いていないと不安になる生きものなのだ! ってことにしています。
空という逃げ場のない場所に恐怖を覚えるのです、きっと。
……ライト兄弟に喧嘩売ってますかねこれ。



長くなりましたが、つまりは自動車怖いよねって言いたいんです。
今日久しぶりに運転する機会があったので記事にしました。

以上でーす。