セツのビタミン

ビタミン摂取してればいいと思ってる

湯シャンの話

あまり外出しないのをいいことに、湯シャンに挑戦しています。
外出しないからこそできることをやっていようと思いまして。

湯シャンとは語感の通り、お湯だけで髪を洗うことです。
毎日お湯で頭皮をマッサージし、髪にお湯を優しく揉み込んで終わり。ションプーもリンスも使用しません。


実験開始から3ヶ月くらい経ちましたので、今回は湯シャンしてよかったことと悪かったことを挙げます。

TAN_hikarigasasikomusenntounoaraiba_TP_V

①よかったこと
②悪かったこと
③まとめ


では行きまーす。



①よかったこと
・節約になる
シャンプーを使う回数が減るので、シャンプーとリンスにかかるお金が減ります。
また、シャンプーやリンスを流すお湯の節約にもなります。

私はこれを狙って始めました。
高いシャンプーを使う方には特に嬉しい効果ではないでしょうか。
私としてもいい感じです。


・時短になる
お湯で流すだけなので、シャンプーやリンスにかかっていた時間が減ります。
シャンプーやリンスを流さなくてもいいし、リンスを置いておかなくてもいいし。楽ですね。

これは頭皮のマッサージ時間が増えるからプラマイゼロかなーと思っていましたが、余裕で時短でした。
嬉しい限りです。


②悪かったこと
・においが気になる
どちらかというと香りそのものより精神面なのですが、これで人に会うのか……大丈夫じゃねえなこれ……とげっそりしますね。

なんというか、臭くはないけど嗅ぎたいとも思わない香りがします。
これは体験してみてくださいとしか言えません。


・ベタベタする
頭皮は必死に皮脂を出そうと毎日頑張っていたのね……と遠い目になるほどベタベタになります。

見た目も触り心地も重くてテンションが下がりますね。
だいぶ改善されてきたと思いますが。



③まとめ
完全に湯シャンのみへ移行するのは無理ですね。
②でも書きましたが、ふと自分の髪が香ったとき、嫌なにおいじゃないけど人前に出たくないなと思いました。

そしてどうやっても自分で気づかないにおいが出ているのではないかと不安になります。
精神衛生上よろしくありません。


今のところ、週1〜2回くらいシャンプーを使っていますね。
ベタベタしてどうしても「ぬあー!」となるので。

ちょっと遅れてボディソープもあまり使わなくしてみる実験も始めたので、そちらも楽しみです。


以上でーす。