セツのビタミン

ビタミン摂取してればいいと思ってる

ネット小説の話2

昨日の記事に続き、面白いネット小説を紹介していきます。
今回は完結済みのものにしてみますね。


・『異世界は赤い星と共に
これまた男子高校生が異世界へ行き、とんでもない力で無双するお話です。
日本にいる時点で馬鹿力で、周りからも家族からも距離を置かれている主人公の桃花くんが、異世界で更に力を得て孤独と向き合い、仲間や家族を手に入れていきます。
彼は頭がよく性格もかっこいいためあまりハラハラする場面がありませんが、そこが好きです。
王道ってやつに近いんじゃないでしょうかね。


・『異世界を九十九と一人旅
大学生の相生くんが異世界へ行って成り上がるお話です。
もう最初の一行がテンプレートと化してきましたね。
タイトルの九十九というのは九十九神(つくもかみ)のことでして、道具に宿った神や精霊を指します。
日本人形の髪が伸びるとか言われますし、モノに魂が宿ると考えるのは日本独特の価値観ですよね。
相生くんの異世界での能力はその九十九神を作り出してしまう力でして、その道具たちの力で彼はどんどん成り上がっていきます。
ただ暴力的に強いってわけじゃないところが面白いですね。


・『異世界魔導古書店 ~チート魔力あるけど、まったり店員することにした~
異世界に転生した元男子高校生の勇者が、やたらと強いのに古本屋で働くお話です。
主人公のタクトくんはその気になれば世界を滅ぼすことができる力を持っていますが、寝坊助な美人店長を叱ったり、本屋の裏でハーブを育てたりとのんびりしています。
書籍化されているそうです。


3つとも自分が大好きな作品です。
おすすめの小説はまだまだあるので、しばらく続くと思います。
突然違う話をぶち込むかもしれませんが、自分のお気に入りが尽きるまでまだまだです。